水没をしたらiphoneのデータはどうなるのか?

修理が難しい水没したiPhone

特殊な素材でできているiPhoneは丈夫で、簡単には壊れなくなっています。しかし水没するとすぐに壊れてしまうため、そのような問題が起きた時は注意しなければいけません。電子回路が使われているiPhoneは、水没すると内部が故障してしまいます。運が良ければ殆ど壊れずにすみますが、大きく壊れてしまうと直すのが難しくなります。水没したiPhoneで一番問題になるのは、内部データが取り出せなくなる問題です。内部データを保管している部品は水に弱く、濡れてしまうと動かなくなる場合があります。故障して部品が壊れてしまうとデータを取り出せず、大きな問題になります。ただ専門会社に相談すれば内部データの取り出しは可能で、費用を支払えば必要な作業をしてくれます。

故障したiPhoneを直す方法

水没して壊れたiPhoneは簡単には直せず、メーカーに修理を頼まなければいけない場合があります。メーカー修理は信頼できますが、直す時に内部データが消えるので注意がいります。そのため大切なデータが内部に入ってる時は、メーカーに頼む前に専門会社に相談するべきでしょう。データ取り出しを頼める所に仕事を頼めば、必要な情報を得られるので安心です。また仕事を依頼できる会社では、どの程度まで内部データを取り出すか選べる場合があります。すべてのデータを取り出すと大きな費用がかかりますが、最低限の情報を取り出すだけならば安くすみます。水溜りなどに落として水没したiPhoneは、大きく故障してしまうと基本的には内部データは取り出せません。専門会社に相談すれば対応できますが、ある程度費用がかかるので注意がいります。

iphone6sのバッテリー交換をするとき、裏蓋を取り外す必要があります。若干力がいる作業ですが、プラスチック製のスプーンを使って裏蓋をテコの原理で持ち上げると簡単に外すことが出来ます。