iphoneが水没したときにすぐしておいた方が良い対処法

素早く対処して被害を最小限に抑える

衣服のポケット等にiPhoneを入れていると、思わぬタイミングで落としてしまうものです。トイレや浴室等でiPhoneを落とし、水没させてしまったら、どんな対処をするべきでしょうか。まずiPhoneの電源がオンになっている状態なら、速やかにオフにした方が良いでしょう。電源が入ったまま放置していると、内部の水によってショートする恐れがあります。一度ショートしてしまうと完全に壊れてしまい、二度と電源が入らなくなる可能性がありますので、注意が必要です。カバー等を装着しているのなら、外してから外側の水分を拭き取りましょう。その後SIMカードを抜き取り、濡れているようであれば柔らかい布などで優しく拭き取ります。強く擦るとSIMカードを傷めてしまいますので、注意して作業を行いましょう。

早めに修理に出すことが大切

電源を落として水分を拭き取るなどの応急処置を済ませたら、早めに修理に持って行くことをおすすめします。しっかりと内部まで乾燥させれば、もう一度電源を入れることができるかもしれません。しかし内部まで完全に乾いているかどうかを、外側から判断することは難しいといえます。万が一水分が内部に残っていたら、トラブルがさらに悪化してしまうかもしれません。完全に乾燥しており正常に使用できるといった場合も、一度修理に出して点検を受けたほうが安心です。水分によって内部部品が腐食し、劣化している可能性があります。水没によって生じたサビや腐食を取り除いてくれるサービスもありますので、一度プロの業者に預けて、しっかり直してもらいましょう。

iphoneが起動しないというピンチを救ってくれるのが、修理業者です。街の修理業者に依頼すれば、スピーディーに問題を解決してくれます。