画面割れは自分で修理できるのか?

新品との交換だけなら不可能ではない

iphoneはタッチパネル操作なので液晶モニターにはガラスが使われています。そのため、軽い衝撃でもひび割れが生じてしまうケースは少なくありません。割れたガラスをそのまま放置するとさらに破損が進んで機器の故障や怪我に繋がるおそれがあることから、速やかに交換する必要があります。しかし、業者に交換作業を頼むと作業工賃を取られる他、数時間から数日以上、iphoneを使えない場内になってしまいます。割れたガラスを新品と交換するだけであれば素人作業でも可能です。しかし、iphoneの外装を取り外すうえに割れたガラスの破片が基盤を傷つけないように注意する必要があることから、専用の工具を事前に用意しておくことが重要になります。もちろん、交換用の新品のガラスも忘れてはいけません。

自分での交換作業は状態のチェックができないのが欠点

専用の工具を使い、正しい手順を厳守すれば画面割れを自分で直すことは可能です。業者に任せることで生じる修理費用を節約できる他、数日以上もiphoneを預けることによる不便な生活にも悩むことが無いのが大きな魅力です。しかし、自分で画面割れを直す行為は機器の状態チェックができない欠点もあります。業者による画面割れの修理は必ず機器の状態を確認する作業が含まれます。割れたガラスの破片が機器の内部に入り込み、思わぬ損傷をもたらしている可能性があるためです。画面割れを自分で直す行為は機器の状態チェックが省略されることでもあるので、ガラスの破片が欠損していたり衝撃が大きかった場合は業者に交換作業を任せるのが無難な選択です。

iphone6sの修理費用は年々、安くなっています。発売から数年が経過しており、サードパーティの修理パーツも普及しているため、コスト削減が最新モデル以上に行われています。