iphoneは防水機能はついているのか?

ある程度の水濡れには強いが完全防水ではない

新型のiphoneは防水機能付きと言われることがあります。防水の名称から例え水没しても一切故障しないと思いがちですが、実際はそうではありません。シャワーの水がかかる、水の中に静かに入れて数分ほど放置するなど軽度の水濡れに強いだけであり、何時間も水中で使用できるわけではありません。現に、iphoneのメーカーであるアップル社では防水という言葉は使わず、耐水と表現しています。軽度の水濡れには強い新型iphoneでも長時間水中にあるとすき間から水が侵入して故障してしまうのです。また、旧型のiphoneは耐水性すら無いので、少しの水濡れでも故障する可能性は否定できません。重要なデータを消失させないためにはiphoneを水に近づけないことを徹底する必要があります。

水没したiphoneへの対処法

iphoneを誤って水没させた場合、すぐに電源をオフにします。通電しているとショートしてしまい、基盤が大きく損傷するおそれがあるためです。水没の影響で勝手に電源が切れた場合はそのまま放置するのが正しい扱い方になります。水を取り除くために吸水性の良いタオルでくるみますが、水を切るつもりで機器を振り回すと逆に水滴が機器の奥まで入り込んでしまいます。そのため、タオルでくるんだらそのまま静かに放置するのが最も安全な対処法です。また、SDカードやイヤホンなどの付属品も取り除き、コネクター部分の水滴もタオルや綿棒で吸い取っておきます。iphoneの部品はわずかでも濡れるとそこか腐食が進むので、完全に乾燥していることを確認したら速やかに業者による修理を受けることが大切です。

iphone5sの修理では画面割れやカメラの不具合などに対応しています。作業時間は基本的に30分から1時間ほどですが、データ復旧など複雑な修理では1週間前後掛かります。